Russell Moccasin

1898 年に Will Russell 氏が、アメリカのウィスコンシン州に設立。
設立者のWill Russell氏が当時さかんだった森林伐採に従事するきこりの為に
HANDMADEのブーツを作ったのが始まり。
そのクォリティーはすぐにハンター達にも評価されるようになり、ラッセル社の名声が広がりました。

1923年、1,800マイルにおよぶ非常に険しいルートを 153 日間かけて徒歩で旅行した
R.B. Slatter という人物がラッセルのブーツの素晴らしさを報告しています。
携行品のうち過酷な旅路に持ちこたえものは、ラッセルのブーツだけだったそうです。

設立から100年以上もたった現在でもなお、昔と変わらない製法で少数の熟練した職人に
よりすべての靴が作られています。
すべてのプロセスがオールハンドメイドです。
この為、日本から発注した場合、半年〜1年待たされる程です。
履けば履くほど足に馴染み履きジワまでもかっこいい。
長年にわたる革の変化を存分に楽しめます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0